☆STAFF☆~読むと鏡が見たくなる?!~

先日、プラークが石灰化したものが『歯石』というお話をさせて頂きました。 今回は歯石の原因となるプラークの増加因子となるモノを紹介させて頂きます。   【不適合補綴(ほてつ)物】 これは合わなくなった冠やブリッジ、義歯や部分的な金属の被せ物等の事です。 合わなくなった補綴物があると隙間ができたり、歯が浮いたりしてしまいます。 そうした隙間にプラークが入り込んだりして、歯ブラシでも取り除く事が難しくなって しまいます。 被せ物が合わなくなる原因としては、人によって様々ですが、被せ物を付けているセメントの劣化、 金属の被せ物のたわみ、歯周病の進行により歯と歯肉の辺縁に段差ができる…等です。       この写真の[ここ!]と記載されている箇所が不適合 補綴物です。   上は咬む面に白い被せ物が入っています。 が、淵の歯が少し欠けてしまっています。   下は歯を前体覆う白い冠が入っています。 が、歯肉との境目に隙間ができてしまっています。   【食片圧入】 これは、咬合圧によって歯肉、特に歯と歯の間の歯肉に食べ物が挟まる状態の事です。 この状態が長く続くと歯肉は損傷を受け、炎症が起きてしまいます。 また、この状態で口腔清掃を疎かにしてしまうと、プラークの発育を促進させてしまい 歯石となってしまいます。   【口呼吸】 口呼吸をしていると、口腔内が乾燥し、それにより口腔の自浄性が低下し、 プラークが歯面に付着しやすくなります。 食片圧入同様、この状態で口腔清掃を疎かにしてしまうと、プラークの発育を促進させて しまい、歯石となってしまいます。     今回紹介させて頂く歯ブラシはこちらです。 この歯ブラシは前回紹介させて頂いたもの よりヘッド部分が小さめにできています。 通常磨きにくい奥歯や親知らずの辺り等に 入れ易い大きさです。       どうですか? 鏡で口腔内、見てみたくなってはいませんか?(^ー^)