2014年10月3日(金)〜 5日(日)東京国際フォーラムにて国際口腔インプラント専門医学会(ICOI)・国際大会にて学会発表しました。

2014年10月3日(金)〜5日(日)東京国際フォーラムにて開催されました、ICOI国際口腔インプラント専門医学会にて「インプラント認定医」ライセンス更新と英語にて学会発表をしてきました。 会場は、もうすっかりお馴染みの有楽町の東京国際フォーラムです。 毎週か?ってな感じで、この場所に来ているかと思う位、全く懐かしくありませんよ。 今年だけで、4回目です。   最近、ガラ携からi-phoneに換えたばかりでして・・・。 何故?勝手に何かソフトを断りも無く更新して、撮影した写真をメール添付出来なくなったのでしょうか? そりゃ、最近の写真はすべてi-phoneですから、ブログの更新も出来ませんよ(怒)! i-phoneショップに行く時間も無いですから、この1ヶ月の間、添付メールを諦めました。 やっぱり、ガラ携に戻したい心境は変わりませんねぇ。 何回来てみても、ここの会場のスケールはすごいですね。。   国際インプラント学会だけに外国の先生方の発表が続きます。   今回の学会発表は、「顎関節症状に対してインプラント、ニューロマスキュラーコンセプトとシーラシステムを応用した症例」と題して英語で発表させて頂きました。 ポスター発表会場にて、世界中の様々な症例を見る事が出来ます。勉強になるんですよね。。 あっ、もちろん、日本のレベルは他国に負けていません。 展示ブースもかなりの数でした。最新の機器や情報を集めて来ました!   全3日間の学会の帰りです。 御一緒しました札幌の吉田先生、工藤先生、お疲れさまでした! 英語での発表は、昨年のドイツ・ミュンヘン以来でしたが、実は日本語で発表するよりは、何故か?緊張しないんですよね。   来月の山形でのインプラント学会発表で今年は、終了ですねぇ。   谷口歯科診療所 院長 谷口昭博