札幌三井JPビルディング6階 新・谷口歯科診療所 移転リポート 第四弾

いよいよ12月11日(木)移転開業オープンの日が近づいて参りました。 今日は、ハードの話というよりソフト&ハードです。   皆さんご存知ですかね? 伊丹十三監督の映画「スーパーの女」でのフレーズ。     「もし自分がお客なら自分の勤めているスーパーで買い物できるかい?」   スーパーのスタッフ全員で人間関係や食品衛生、様々な問題を解決してのスーパーを舞台に人もお店も日本一のスーパーへと成長してゆく。谷口昭博記   どの業種も同じです。 歯科診療所でも全く同じ事ですよね。 「もし自分が患者様の立場で、歯科治療を受診したい診療所なのかい?」と問われたら、自信を持って「はい」と答えられる様にしていく事が我々のマニフェストです。   新・谷口歯科診療所は、歯科治療技術とは別に消毒滅菌レベルも拘りたいという想いから「ミーレ」、「リサ」というドイツ製洗浄機、滅菌器具を導入しました。   今まで以上に清潔な器具でしっかりと診療させて頂きます。 使用方法説明会の模様です。 ミーレ・ジャパンのHPです。http://www.miele.co.jp/jp/domestic/professional_top_professional_dentistry.htm   機械の使用方法等を建設会社の方から教わるのです。 結構、複雑なんですよねぇ。 このビルには、音声認識の時代はまだ来てません 。   バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ 未来の世界は、なんと2015年 そう、来年の設定なんです。 まだまだ、車は空を飛ばない様ですね。   この映画の世界観、大好きだったなぁ。。   この段ボールの山。。 あと、2日で全て片付けるのです。 いやぁ、引っ越しって本当に大変ですよ。 業者さんもスタッフも皆さん頑張って下さっております。 いろいろな業者さんとの打ち合わせも重なります。   本当、皆さんに感謝です。   谷口歯科診療所の為に、ご尽力頂き誠にありがとうございます。     札幌は、雪が積もり始め、寒さも本格的になってきました。   今年もあと僅かですが、気合いを入れて頑張りましょう。   まずは、12月11日(木)のオープンです。   私は、12月19日(金)から台湾大学にて最新のインプラント手術研修もあります。   さぁ、今年も(あと少しですが・・)まだまだ頑張りますよ。   谷口歯科診療所 院長 谷口昭博