2015年6月28日(日)有楽町 東京国際フォーラムにて開催されました、第33回 日本顎咬合学会 学術大会に出席して参りました。

2015年6月28日(日)有楽町 東京国際フォーラムにて開催されました、第33回 日本顎咬合学会 学術大会に出席して参りました。 27日(土)14:30〜 院内研修会が開催されましたので、土曜日は移動日でした。 後日、院内研修報告をさせて頂きますね。。        東京に着いたのが22時過ぎでした。 夜の東京タワーが奇麗でした。 日本テレビ前のホテルに滞在しました。 天気が良くて暑かったですよ。何か、東京タワーを久し振りに見た気がします。 会場の有楽町 東京国際フォーラムは、昨年は3回くらい来ましたかね。。 この建造物は、何時見てもインパクトありますよ。     この会場は、複雑な形で結構迷ってしまいます。 大きすぎて、会場から会場への移動時間も結構掛かるんですよぉ。 吹き抜け天井に空中渡り廊下ですもの。 近未来都市の様で好きなんです。     今回は、歯周病治療の内容を中心に聴講して参りました。   この学会は、一般開業医が多く参加する学会ですので、より臨床に直結する内容が多いんです。 噛み合わせ治療に限らず、最新の歯科治療技術に関する情報を得る事が出来るんです。 日本で一番会員数が多く、大きい学会です。   ランチョンセミナーということで、恒例のお弁当写真ですぅ。3M社提供でした。御馳走様でした。。     口腔内デジタルスキャナー印象やCAD/CAM技術進歩もここまでとは、驚きです!     九州福岡で御開業の水上哲也先生 ” 超 ”が付く程の有名な先生です。「インプラント周囲炎とその対策について」 IPOI学会でもお世話になっており、10年前に東京で受講したインプラント4ヵ月マスターコース講習会にて直接 歯周病治療、インプラント治療を教わりました。 私にとって、大変に影響力のある先生の一人です。 会場は立ち見状態で、人数制限が掛かる程の注目度でした。 また内容も本当に素晴らしかったです。 実を言うと9月にIPOI近未来オステオインプラント学会・北海道支部主催で水上哲也先生を札幌にお招きしまして、講演会を行う予定となっております。今から非常に楽しみですぅ。 水上歯科医院の勤務衛生士の下田さん。 「歯科衛生士の目線から見たインプラント治療」大変に素晴らしい講演でしたよ。   最新の歯科技術や潮流は、自ら学会会場に出向かないと判りにくいのです。     業者展示ブース 最新の機材や書籍が揃っています。それだけでも見る価値ありです。 和田精密歯研 元札幌営業所 所長M氏と再会しました。元気そうで、何よりでした! 「東京は、北海道と大きく違いますね・・・。」という、意味深な話を聞きました。 いやいや、北海道も頑張りますよ! 今回も大変に有意義な学会出席となりました。。   今週末は、東京でIPOI近未来オステオインプラント学会、新潟で日本口臭学会出席の為、出張です。 さぁ、今週はインプラントの手術も含め外科処置が多いんですぅ。 気合いを入れて頑張りますよ。   谷口歯科診療所 院長 谷口昭博