2015年11月21日(土)22日(日)日本口腔インプラント学会 第35回東北・北海道支部学術大会に参加して参りました。

勤務医の今本です 2015年11月21日(土)22日(日)仙台国際センターで行なわれた日本口腔インプラント学会 第35回東北,北海道支部学術大会に院長と共に参加して参りました。 過去のブログを見ても分かるように、院長先生は毎週の様に道外へ学会だ講習会だと飛び回ってらっしゃいますが、一勤務医である自分にとっては初めての道外での学会参加であり、更に口演での発表も行なうという初めて尽くしの2日間でした。 まず仙台空港の利用も初めて。ゆるキャラブームに乗ってご当地キャラが荷物レーンの上を回ってお出迎えしてくれました。 土曜日は午前中は診療がありますのでそれが終わってからの出発となり、自分が到着するころには既に1日目のプログラムは終わっていました。 宿を確認してから夕食を取るべく市内を散策。院長と合流して地元の有名店で仙台名物の牛タン焼きをいただきました。 このような体験も遠方の学会ならではですね。とても美味しかったです。 あと出発前の札幌は気温が1℃くらいだったのに対して仙台は10℃以上とやはり多少暖かく感じたのも印象的でした。 さて、今回のメインは自分達の発表がある2日目。会場は仙台国際ホール。看板前で記念撮影しました。 まず自分の発表。とても広い会場での発表でしたが逆に客席との距離があってそこまで緊張せずできました。 所々台詞を噛んでしまったのはご愛嬌です。 数人はさんで院長の発表。 次演者席での待機中も流石の貫禄です。後ろにこっそりご友人の先生が見切れていますw   肝心の発表も滞り無く進み、質疑応答を経て終了。 やはり経験値が違いますね。堂々たるお姿です。 これで今回のメインは終了です。 その後は他の先生方の口演を聞いたり業者の展示で新しい機器の説明を受けたりと沢山の刺激を受けてきました。 大きめのホール1室丸ごと企業展示でした。普段足を運ぶ講習会などでも展示はありますが、あってもせいぜい2、3ブースなので学会の規模も大きさを感じさせられます。 1日目参加出来なかった分最後の閉会式までしっかりお勉強させていただきました。   学会終了後SNSなどを見ると北海道は雪降ったとの写真や投稿が沢山でちゃんと着陸できるのかと焦りましたが、千歳はぎりぎり降っていなかったようで無事帰宅出来ました。 そして学会ででたお弁当です。 宮城名物弁当とのことでした。非常に美味しかったです。   今後もこのような学会に参加し発表してもはずかしくないような診療ができる様、日々研鑽を積まなくてはと感じた週末でした。   谷口歯科診療所 勤務医 今本 芳彦