2016年7月17日(日)北日本口腔インプラント研究会(NIS)主催:「誰もができる世界共通のすぐれた根の治療」を聴講して参りました。

2016年7月17日(日)北日本口腔インプラント研究会(NIS)主催:「誰もができる世界共通のすぐれた根の治療」を聴講して参りました。 北海道歯科医師会館 10:00〜15:00   講師は、秋田でご開業の佐藤暢也先生でした。   母校の歯科大学を卒業してから、「根の治療」に対する知識や技術、使用する器具を更新している歯科医師はどのくらいの%いるのでしょうか?   今年の2016年3月に東京で受講しましたアメリカのペンシルバニア大学式の石井 宏先生の「根の治療」の知識に加え、最新の器具について勉強しました。   マイクロスコープを使用してのデモがありました。 肉眼での治療精度と顕微鏡下での治療精度。 もう比べても仕方ありません。     さあ、恒例の講習会弁当のコーナー行きましょう。 ライス別でおかず写真です。少し、しょっぱい感じでしたが、美味しく頂きました。   そして、これがwave oneシステムです。 「根の治療」で使用する最新のテクノロジーシステムです。 マイクロスコープ、歯科用のCTスキャンが加わると「根の治療」の精度が高くなります。     その他に超音波切削装置を駆使する事で、歯に対する「ダメージ」を最小限最にする事が可能となります。   近々、当診療所の「根の治療」は、新たな技術とテクノロジーで生まれ変わります。   さあ、今月はインプラント手術が多い月です。 気合いを入れて頑張りましょう!   谷口歯科診療所 院長 谷口昭博