2017年5月28日(日)IPOI近未来オステオインプラント学会北海道支部・支部学術大会にて1時間の講演をさせて頂きました。

2017年5月28日(日)近未来オステオインプラント学会北海道支部・支部学術大会にて1時間の講演させて頂きました。   早起きしての北海道神宮までサイクリングでの日差し。。 息子がライオンキングのオープニングみたいじゃない?と。。 劇団四季ミュージカルの興奮がまだ冷めていない様です(笑)   講演依頼を受けたのが2017年1月28日(土) 本日2017年5月28日、この丸4ヶ月間、この日が来ることを忘れることはありませんでした。 1時間、何を話そう・・・と準備を進めてきました。     北見市でご開業の猪子光晴先生 特別講演「GBRを成功に導く安全な減張切開法」 大変に参考になりました。 座長 高橋徹次先生   会員発表 村川真祐先生「インプラントと天然歯を利用したIOD症例」 田畑 太先生「下顎両側インプラント埋入後、骨吸収の違いが生じた1症例」 米沢功至先生「天然歯とインプラントにおけるレッドコンプレックスの培養検査」 松梨 寛先生「顎機能を考慮して咬合再構成を行なった1症例」 座長 伊藤 理先生 業者展示では、和田精密歯研さん、京セラメディカルさんがブースを出しておりました。   いつも恒例の学会弁当です。 美味しく頂きました。   会員講演 谷口昭博先生 「初志貫徹〜今までの自分、これからの自分〜」 座長 今宮克明先生   臨床を通して、過去から未来へ歯科医師として考えていること、 工夫していること、葛藤していることなどを1時間に渡りお話しをさせて頂きました。 *写真は、イメージですぅ。。 集合写真 21年間(22年目)自分の歯科臨床や人生を振り返る機会に恵まれたと思いました。 このような機会を与えて下さいました、関係各位の皆さまに感謝致します。   谷口歯科診療所 院長 谷口昭博