小児歯科 | Pediatric dentistry

お子様が成長過程で、乳歯はいずれ永久歯へと生え替わっていきます。

しかし、だからと言って乳歯を虫歯にして良いわけでは決してありません。乳歯の虫歯は、生え変わった後の永久歯に影響を与えるためです。

当院ではお子様のお口のメンテナンスを中心とした診療システムを活用し、1人ひとりに合った最適な予防プログラムを提供いたします。

お子様の将来の歯を健康に保っていくためにも、お口の健康管理をきちんと行いましょう。

乳歯について | Breast tooth

乳菌の特徴 〜 子どもの歯はとてもデリケートな歯 〜

子どもの歯は、永久歯と比べてとてもデリケートです。 例えば、乳歯は永久歯と比べて、次のような特徴があります。

1. 歯のエナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすい特徴があります。

2. 虫歯の進行も早くなります。

3. 永久歯よりも歯の中にある歯随(歯の神経) の占める割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷めてしまう可能性が高くなります。

このように、乳歯には多くのデリケートな側面があり、お子様の歯を虫歯にしないためにはご家庭でのこまめなケアと歯科医院での定期的なメンテナンスが必要となります。

乳歯はどうやって永久歯へと生え替わっていくの?

赤ちゃんの乳歯の芽(歯胚)は、妊娠2~3ヶ月の時期に、お母さんのお腹の中で形成され始めます。そして、赤ちゃんが生まれて6ヶ月が経ったころに最初の乳歯が生えてくるのです。

その後、3歳になる頃にはほぼ全ての乳歯 (全部で20本)が生え揃い、そこからさらに4~6ヶ月でお子様の歯は石灰化をはじめます。顎の骨も大きく変化して、永久歯へと生え替わっていきます。

6歳頃になると、アゴの一番奥から「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。6歳臼歯は永久歯の中でも最も大きく、他の歯と比べて噛む力が強い特徴があります。

しかし、アゴの奥に生えてくるため、親御さんに気づかれづらく、ブラッシングも不十分になりがちです。結果、虫歯になりやすい歯でもあるのです。 6歳臼歯を虫歯にしないためにも、ご自宅での予防管理と歯科医院でのメンテナンスが大切です。

※こちらで紹介した「乳歯が永久歯へ生え変わる時期」は、あくまで目安です。成長には個人差があるため、多少時期がズレていても、心配する必要はありません。

Column 生まれたばかりの赤ちゃんの口に虫歯菌はいません

ご存知でしょうか?実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌が存在しません。

しかし、ほとんどの場合、虫歯菌は日常生活をもっとも長く過ごすお母さんやお父さんのお口から感染していきます。親御さんが特に注意するべき行動は、口移しで食べ物を与えたり、同じスプーンやお箸を使う行為、またキスなどがあります。

こうした些細な行動から、赤ちゃんに虫歯菌が移っていくのです。 ただし、お子様が生まれてから大人になるまで虫歯菌を一切移さないことはほぼ不可能でしょう。

そこで大切になるのが、お母さんやお父さんのお口の健康管理です。赤ちゃんへ虫歯菌を移す量を減らすだけでも、お子様が虫歯になる確率を抑えることができるのです。

大人も子どもも、しっかりとお口の健康管理を行っていきましょう。

当院で行うお子様の虫歯予防 | Caries prevention

フッ素塗布

フッ素は虫歯菌が作り出す酸を弱め、量を減らして歯の再石灰化を助ける効果があります。プラーク(歯垢)をきれいに清掃したのち、フッ素を歯面に直接塗っていきます。3~6ヶ月間隔で定期的に塗布すると効果的です。

シーラント

お子様の奥歯の溝には磨き残しが多く見られる傾向があります。磨き残しは放置するとプラークを発生させ、虫歯菌の活動を促して虫歯になりやすくしてしまいます。そのため、あらかじめ奥歯の溝をシーラントという合成樹脂によって埋めておくことで、 細菌や食べかすの付着を防いで予防を行います。

FAPコーティング

FAPコーティングは、歯の表面に細かな凹凸の表面にフッ化アパタイトという強化カルシウムの層を作り、歯そのものを強化します。2~3回の処置で3~4ヶ月の持続性があり、歯の強化とともに虫歯予防に繋がります。フッ素塗布やシーラントのデメリットを補った新しい予防法です。