抜歯について | Total Beauty Medical & Dental Esthetics

当院では、お子様からご高齢の方まで抜歯を行っております。

特にご高齢の患者様は、高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などの慢性的な病気をお持ちの方も多く、症状によってはすぐに抜歯することが困難な場合があります。

また、これらの病気のために服用している薬が、抜歯に悪影響を及ぼす場合があります。 当院では、ご高齢の患者様の抜歯に細心の注意を払い、十分な配慮のうえ抜歯を行っております。

こちらでは抜歯を行う上で重要なポイントをご説明します。

血栓症を持った患者様への抜歯について

血管を詰まらせないようにするため、血液をさらさらにする薬を服用されている方は、抜歯の際に出血しやすい、また出血した時に止まりにくいといった副作用が出る場合があります。

当院では抜歯を行う前に、患者様がどのような持病を持っていて、どのようなお薬を飲んでいるのかを必ず確認したうえで治療を行います。

抗凝固薬(ワーファリン)を服用している方

ワーファリンを飲んだまま抜歯すると、出血が止まるまで通常より時間がかかります。そのため、従来はワーファリンの服用を1週間ほど止めていただき、手術の翌日から再開してもらっていました。

ただし、近年ではPT-INR値(「出血時に値が止まりやすいか否か」を測定する数値)が一定の基準にある患者様はそのまま抜歯を行っても問題がないことが分かっています。

PT-INR値の標準値を1として、これより大きい値だと「値が止まりにくい」、小さいと「値が止まりやすい」ことを意味します。通常、この値が1.6~3あれば、抜歯可能と考えられています。


抗血栓薬(バイアスピリン、小児用バファリン)を服用している方

抗凝固薬(ワーファリン)と同様、PT-INR値が一定の基準にあれば、そのまま抜歯を行って問題ありません。

骨粗鬆症の治療薬を服用されている患者様の抜歯について

骨粗鬆症やがんの骨転移などに対して有効な薬として、ビスフォスフォネート系製剤(以下BP製剤)があります。

近年では、BP製剤の使用経験のある方が抜歯などの顎骨に刺激が加わる治療を受けると、顎骨壊死を引き起こす可能性があることが分かってきています。

顎骨は壊死すると、歯肉腫脹や疼痛、排膿、顎骨の露出、歯の動揺などの症状が生じるため、BP製剤を使用している患者様は、治療を行う前に必ず医師へ申告してください。

BP製剤を服用されている方の抜歯時の注意点

① 内服期間が3年未満でステロイド薬を併用している方、あるいは内服期間が3年以上の方は、手術を行う3カ月前にはBP製剤の内服を中止していただきます。手術後も、骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤の休薬が必要です。
② 顎骨壊死の危険因子(糖尿病、喫煙、飲酒、がん化学療法など)を持った患者様も、上記と同様に術前3カ月間までにBP製剤の内服を中止し、手術後も骨の治癒傾向を認めるまではBP製剤を休薬していただきます。
③ BP製剤内服期間が3年未満で危険因子のない方に対しては、通常どおり口腔外科手術が可能です。

小帯(しょうたい)切除について | Zonetectomy

小帯とは、頬や口唇の内側の粘膜と歯ぐきとの間をつなぐ筋のことです。

上唇と粘膜をつなぐ小帯を上唇小帯(じょうしんしょうたい)、舌と粘膜をつなぐ小帯を舌小帯(ぜつしょうたい)と呼びます。



上唇小帯強直症の治療

上唇を持ち上げた真ん中部分にあるヒダヒダを上唇小帯と呼びます。

乳幼児はこの小帯が太く、通常は発育とともに縮小します。しかし、幼児期になっても何らかの原因により縮小せず、付着している位置が変わらない場合は、前歯の間に隙間が生まれて上唇の運動が阻害されてしまいます。

これを防ぐため、局所麻酔を用いて小体を切り取る手術を提供しています。手術の際、レーザーを用いることで出血が少なくなり、縫合も不必要となります。また、治癒も通常より早い特徴があります。

舌小帯強直症の治療

舌を上に上げると、舌の下の真ん中部分にヒダヒダがあるのが分かります。このヒダを舌小帯と呼びます。

舌小帯が短いと、舌の運動障害や摂取障害、また舌尖部を使って発音するサ行、タ行、ラ行などの構音障害などを誘発する場合があります。これを防ぐため、舌小帯を切り取る手術を提供しています。

上記治療と同様に、手術の際レーザーを用いることで、出血が少なく縫合不要、さらに治癒も通常より早く促すことが可能です。