予防歯科とは? | Preventive dentistry

予防歯科とは、「治療を行う前に、治療する必要のない健康な口内環境を保つこと」を目指した歯科診療です。

近年、その重要性は世界で広く認識され、目覚ましい技術発展が進んでいる分野でもあります。

適切な口腔ケア(予防管理)の継続によって、生涯を通じて自分の歯を残していくことは十分に可能です。

歯の予防には、主に次の3つのメリットがあります。

  虫歯にかかるリスクを効果的に減らすことができる
  歯周病にかかるリスクを低減させることができる
  将来に残せる歯の本数を増やすことができる

いつまでも健康な歯を保つためにも、しっかりとしたお口の衛生管理を行うことが重要です。

当院の予防治療 ~ FAPコーティング ~ | FTP coating

フッ素塗布

簡単ではあるが、ほとんどが唾液に流されてしまうため、歯表面にフッ化溶液が停滞している時間が少ない。

シーラント

歯の溝を表面処理し材料で埋める方法だが、歯と材料の境目があり欠けたり脱離したりする事もあります。

3DS

専用のトレーを作製し個人で薬液注入し、口腔内の細菌をコントロールする方法ですが、薬液の味がしたり、毎日手入れをするという煩わしさがあります。

しかしFAPコーティングなら

歯の表面に細かな凹凸があり、これに着色やプラークが付着してしまのですが、FAPコーティングは、この凹凸の表面にフッ化アパタイトという強化カルシウムの層を作り、歯そのものを強化するものです。

つまり、処置の時間内で確実にフッ化アパタイトが歯の表面に形成され、 また材料ではないので歯との境目もなく、歯と一体化するため欠けることや脱離することもありません。

2~3回の処置で3~4ヶ月の持続性があるためメンテナンスは基本歯ブラシだけ!

*ただし定期検診は必要です。

これにより従来、小児においてはフッ素塗布や臼歯の溝を材料で埋めて虫歯の予防をしていましたが、FAPコーティングなら歯と一体化した強化カルシウムで埋めてしまうことも可能なのです。つまり、歯の強化とともに虫歯予防になるのです!

これから矯正治療を始める方にとっては、装置で歯ブラシしにくくなる前に、予め治療前に歯を強化することも。

また、矯正治療後に歯がザラザラする方も、FAPコーティングにより表面をツルツルにする事も可能です!

さらに、このフッ化アパタイトは白色なため、ホワイトニングの様な効果もあります。

※ただし、本格的に歯を白く希望されるかたは、ホワイトニング治療をお勧めします。

本院では、PMTCによる歯の機械研磨を行った上でFAPコーティングを行いますので、綺麗な歯の表面の上に強化カルシウムを蓄積させます。

PMTC(専門家による歯のクリーニング) | PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、専用の機械とペーストを使用して歯のプロが行うお口のクリーニングです。

普段の歯磨きでは、磨き残しなく、歯の隅々まで完璧にキレイにすることは難しいでしょう。

PMTCでは、歯ブラシの届きにくい歯の裏側や奥歯、また歯と歯の隙間を丁寧に清掃していき、虫歯や歯周病の予防を行います。また、ご希望の患者様にはエアフローと呼ばれる専用の機材を用いて、歯の表面に小さなアミノ酸の粒子を吹き付けることで表面をキレイに磨き上げます。

タバコやコーヒー・紅茶をたしなむ方は、歯に付着した着色汚れを落とすこともできます。

ご自宅での正しいブラッシング法について | Correct brushing

虫歯や歯周病を予防するために、もっとも大切なことはプラークコントロールです。

プラークコントロールとは、正しいブラッシングによってプラーク(細菌の塊)を取り除き、お口の中の悪い細菌を増やさないようにコントロールするための取り組みを意味します。

ご自宅でのブラッシングも大切なプラークコントロールの1つです。すぐに効果が出るわけではありませんが、毎日継続して行うことで、必ず歯を長持ちさせることに繋がります。

当院では、歯科衛生士が患者様1人ひとりに合った適切なブラッシング方法を指導いたします。

POINT: 正しいブラッシング方法

1. 歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。

2. 力を入れすぎず、軽く磨きましょう。

3. 歯ブラシは細かく動かします。

4. 1ヶ所あたり10回~20回程度、磨いてください。